顔脱毛でシミが出来る可能性はあるの?

「顔脱毛をしてからシミが増えた?!」との口コミを耳にしますが、そんなことはありませんのご安心を!

 

結果から言いますと、顔脱毛でシミが出来る可能性はありません。シミを作る元となるのはお馴染み紫外線。脱毛に使われるのは赤外線ですから、そもそもの種類が違うので安心してくださいね^^

 

 

また、顔脱毛の光の波長が700-900nm。シミが出来る可能性があるのは500nm以下の波長の強い光ですので、説明を見る限りシミになるようなことは無いことが分かってもらえるはずです。

 

 

「顔脱毛でシミが出来た」「シミが増えた」という方は、ターンオーバーによるものか、顔脱毛中に紫外線を浴びてしまったことが原因であるかと考えられます。

 

 

顔脱毛にはエステ効果もありますので、たるみや毛穴を改善してくれる美肌効果もあります。これにより肌内部の構造が刺激を受けることでターンオーバーが盛んになり、肌内部に潜んでいたシミが出てきたのではないか…とも考えられます。この場合はターンオーバーが進むうちにやがて消えてしまうものですから、こまめなケアでお肌をしっかり保護しておくと良いでしょう。

 

 

一方で注意しなければならないのが「脱毛前後に紫外線を浴びてしまった」場合です。サロンによっては夏場の顔脱毛を断る場合があるほど、顔脱毛×紫外線はタブーとされています。

 

 

脱毛の光を浴びた直後に紫外線を浴びるとシミができやすくなり、そのせいで「シミが増えた」「シミが出来た」と感じる方も多いようです。この場合の解決策としては、しっかりと紫外線対策をしておくこと。こまめに日焼け止めを塗り直し、冬でも自宅や屋内にいる場合でも紫外線対策を怠らないこと!なるべく太陽の光に浴びない、などの徹底した対策が必要になってきますので、顔脱毛を行う際はこれらの注意点をしっかり覚えておいてくださいね!